コチチカ(浄明寺)

投稿日:
 田楽辻子のみちは報国寺から大御堂橋まで、滑川に沿ってできている昔の道。田楽師が住んでいたとの伝説から、田楽辻子のみちと名付けらたとのこと。滑川、衣張山、釈迦堂などに囲まれた静かなお散歩路です。
この道を報国寺側から歩くこと10分。右手に見えてくる煉瓦造の洋館が「ティールーム コチチカ」です。

おしゃれな玄関のドアを開けるとそこは欧州のリビング。
窓の外には滑川が流れ、テラス席も用意されています。

アンティークな調度品に包まれる空間。

外のキラキラとした光を取り込む出窓のあるテーブル席。思わず欧州の雰囲気に浸ってしまいます。

コチチカさんの一番のおすすめメニュは
・フルーツティ。
ブランデーに漬けて1年間熟成させた巨峰をはじめ、イチゴ、メロン、オレンジなど8種類のフルーツが入っています。1人前1,000円、オーダーは2人前から
そのほか、
・飲み物:オリジナルティ ロイヤルミルクティ アールグレイ
ブレンドコーヒー カフェオレ アイスコーヒー カフェアレキサンダー(カカオリキュール入り)
・ランチの食事:オープンサンド(ロースハムとポテトサラダ)、ハンガリアングラシュライス(牛肉とトマトと赤ワインをベースに煮込んだ民族料理)そして、コチチカ風ドライカレー など。
こちらはオープンサンド。フレッシュなハムとポテトが美味です。

ティーは銀食器で。

コチチカオリジナルティーで食事が引き立ちます。
そして、
・デザートメニュー:ベイクドチーズケーキ、アップルパイなど。自家製です。夏季限定のシェイク(ハーゲンダッツとブルガリアヨーグルトのシェイク)もいただきたいアイテム。
店名の由来はチェコ語でネコヤナギを意味するとのこと。オープンは1998年。それまでチェコに住まわれてマダムは社会主義時代の東欧に暮らされていたとのこと。店内の数々の調度品が歴史を語っています。

奥の左隅にあるガラス工芸品のケース。
歴史と伝統の数々。

ファンの方が記したボリュームのあるノートもにも、時の流れを感じます。
さりげなく、華麗に、隅々まで気を使われた店内。
ネコヤナギがつなぐ、古き時代の東欧と鎌倉。
時間と空間を超越して過ごすティールーム「コチチカ」。
tel:0467-23-8229
住所:鎌倉市浄明寺1-1-29
営業時間:11:00~日没
定休日:月曜日・火曜日(祝日の場合は営業)
ホームページ: http://aquadina.com/kamakura/spot/78/
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中